出張編:みんなにわかるニュートリノのお話

2018年8月19日に、東京お台場の日本科学未来館で「みんなにわかるニュートリノのお話-素粒子と宇宙について-」というニュートリノでめいっぱいなトークイベントが開催されます。

2018年6月に12年ぶりにフタを開けて話題になったスーパーカミオカンデや、2018年7月にマルチメッセンジャーなイベントを観測発表して話題になったIceCube、さらにはニュートリノの観測技術を応用発展させてピラミッドの中の透視なんかもしてみたりした原子核乾板のお話などタイムリーな話題ばかり!そんなステキなお話を聞く準備として、素粒子の基本的なことについてひっぐすたんの中の人がお話させていただきます。このイベントには無料で参加できますので、夏休みの思い出にぜひぜひ遊びに来てくださいませ。



またこのイベントとはまったく関係ないのですが、日本科学未来館の常設展示「ニュートリノの観測」で8月からひっぐすたんのマンガを使ってくださるそうです。こちらは入場料がかかってしまいますが、ぜひステキなニュートリノの展示を見にいらしてくださいませ。フォトマルくんもいるよ!

http://www.miraikan.jst.go.jp/exhibition/world/universe/neutrino.html

さらにさらに、日本科学未来館のドームシアターでは素粒子のひもの第一人者、大栗博司さんが監修した「9次元からきた男」という映像作品が公開されています。不思議なひものお話を3Dでみることができちゃいます、こちらもぜひぜひ。

http://www.miraikan.jst.go.jp/sp/9dimensions/